2005年11月16日

湘南新宿ラインで行く横浜あぶない刑事ロケ地ツアー

またまた本館のコピペで申し訳ない。
まぁ、アブ刑事ネタってことで勘弁してください。

ということで。
部の慰労会ってことで横浜の中華街に行く機会があったんで、ついでにってことで、行ってきました。

あぶない刑事ロケ地ツアー。
参照:リンク先でロケ地マップ見れます


「桜木町駅周辺で行けるだけ行こう」をモットーに3時間ほぼ歩きっぱなし。
疲れたけど、楽しかったー。


まず池袋でロケ地マップをゲット。
で、桜木町駅でタカとユージに迎えられつつ、マップにスタンプおしまして






最初に向かった先はご存知、赤レンガ倉庫。
マップには詳しい紹介はないんですが、テレビシリーズのEDといいアブデカファンならここは抑えとかにゃってことで。
中にも入れるんですねー。お店もおしゃれ〜。
ホントに倉庫なのかと思ってましたよ。<田舎者
なにやら車のイベントがあったらしく人がかなり多かったです。
自分らでED撮り(倉庫横を走る)したかったのに。。(恥)



で、次に向かったのは、よこはまコスモワールド。(「まだまだ」より)
ここも日曜ってことで子供連れの親子が多かったです。
大観覧車にも乗りたかったけど時間の都合上カット。
で、コスモワールド横の道路で「あぁ、ここで松村課長のマセラティ登場ね」と思ったり、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル(「リターンズ」より)を横目にみたりしながら、クイーンズスクエアを目指しました。
あ、そういや、コンチネンタルホテルにはタカとユージプロデゥースのカクテルもあるらしいですよ。(〜11月18日)




それから「まだまだ」で警官から逃げる際に利用した円形広場を探してウロウロ。
クイーンズスクエア広すぎ。
そこからドックヤードガーデン目指してようやくたどり着きました。
そしたら、劇中と同じように大道芸をやってまして。
おもろかったなー。



小さくてわかりづらいですが、芸人さんの道具箱のところにアブデカのポスターがありました。
それもちょっとうれしかったり。



それから、「まだまだ」で中島ウェイトレスの登場したオープンテラスも探したのは探したんですが、結局わからなくて断念。
あとで駅に戻ったときにそこのでっかいポスターを発見して残念でした。_| ̄|○



その後、これまた「まだまだ」で2人が警官から逃げる際に利用した、大岡川沿いの遊歩道にいきました。
もちろんここではタカ&ユージ風に走りましたけど・・・何か?

写真はなんもない時ね。






で、集合場所が関内だったんで、空いた時間を利用して山下公園にも行きました。
っても、パンフにあるトイレ(「あぶない刑事」より)、さすがに取り壊されたのか全然見当たりませんでした。
そりゃ87年の作品だもんなぁ。
その代わりっちゃなんですが、おもしろいものを発見。

なんと男子用のトイレが外に一列にむきだしに!
用足してる人の背中が、なんだか眩しかったです。(ぇ?
他にもざんぎり頭発祥の記念碑みたいのやら、赤い靴はいてた女の子像やらいろいろあって結構楽しめました。
ざんぎり頭ってのがどんなのか初めて知りましたよ。
ああいう髪型なのね。


それでまぁ、氷川丸(「フォーエヴァー」より)を見て集合場所に向かったと。
夜になってまた来てみたらすごいきれいになってました。





いい街ですね、ヨコハマ。
夜になるとカップルだらけでちょっと腹立ちますけど。( ̄‥ ̄)=3
夜景がきれいだから許す!



それにしても何が笑えたってマップの右端の

地図はイメージです。


って文。
こっちはコレだけを頼りにヨコハマ来たってのに、そりゃないよ。
(コスモワールドあたりで気づいた[:汗:])








【関連する記事】
posted by クボ at 16:14| Comment(22) | TrackBack(1) | あぶない刑事 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

あぶない刑事(1987)

「ヨコハマにヤケドしそうな刑事(でか)がいる」


劇場版第1作
タカがバイクのカッコいいアクションを見せりゃ、ユージはダンスまで踊っちゃってます。
そんなエンターテインメント色の強いこの作品。
2人のフラメンコも見ものです。


今回の見どこは一気のユージと慎重派のタカさんの衝突。
ユージがタカさんの抑えも聞かず一人で敵のアジトに乗り込むんですが、その結果、タカさんは死にそうな目に。
で、それで重傷のタカさんを見て反省するユージが
と に か く かわいいーー!
30代のおっちゃん捕まえて言うことじゃありませんけどね。
病院のシーンなんてもう胸キュン黒ハートですよ。
あぁ、なんつーか愛を感じます。愛を!(別に腐女子的観点からではなく)<念のため(^^;


そういや今回微妙にエロネタが多かったような。
生乳はあるわ、タカさんはのぞきをするわ。
そんなんだから痴漢に間違われるんでしょう。(違)


今回は少年課のコンビ大活躍(?)
特に松村課長なんて暴走族たばねちゃってますから。
いやー、あんたが一番ハードボイルドだよ。。(;´Д`)
カオルも出番あり〜。
まぁ、人質としてですけど。
でもそのおかげでアジトわかったわけだし結果オーライってことで。


捜査課もいい味出してました。
ナカさんは大怪我してひどい目にあってましたが。
トオル君がジェームズディーンみたいな格好してたのもツボ。


それとラストのヘリアクションもいいですね。
「手がー、手がー」って君らはムスカか!
あれは目でしたけど。(参照
まぁ話を戻して。
ケンカしてもなんだかんだで仲いい二人がよかったです。





やっぱ今回のテーマはだなぁ。











posted by クボ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | あぶない刑事 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

あぶない刑事 リターンズ(1996)

「人生、はらの立つこともあるけれど、あぶデカが戻ってくることもある。」


ということで、89年の「もっとあぶない刑事」以来、7年ぶりに復活したシリーズ第4作。
私はこの作品であぶデカを知りました。
えーと、結構古い作品なんでネタばれ大有りで感想かいてきます。





今回の敵は国際テロ組織ブレーメン。
しっかしこの組織、なんかちょっとおかしい。
特に伊原剛志演じる敵の大将ヒイラギさん

タカさんたちが敵のアジトらしいところを見つけて、HMD(エッチなムードで・・・、じゃなくて、ヘッドマウントディスプレイ)で敵さんからのメッセージを受け取るシーンがあるんですが、






いやぁー、わざわざ、そこでその格好はないだろう。(´Д`;;)・・・ぇ







ってな格好で登場。
そこがおもしろすぎて、今回のヒロインのコンパニオンの顔さえ思い出せないYO!

他にも、「どうせ自殺すんならわざわざ人質交換なんて面倒なことしなくていいじゃん」とか、「そんな大事な計画、わざわざばらすなよ」などなどツメがやたらと甘い。







まぁ、そうじゃなきゃドラマは成り立ちませんが(ぇ?






それはさておき。


最近テレビシリーズを見直してるせいか、深町課長の「この大馬鹿者が!」にどうも違和感が・・・。
94年に急逝した近藤課長役の中条静夫さんのご冥福を祈ります。(ノД`)シクシク 




それと新メンバーといえば新人刑事のトラちゃん
正直・・・・・・彼この映画に必要?(ぉーぃ
いいキャラではありますけど、おかげでトオル君のキャラがなんかおかしいし。
「昔の俺と思うなよ!」と調子に乗ってる彼もかわいくていいっちゃいいですけど。
なんてったってプリティ町田ですから。
まぁ続編にでてこないってのが何よりの答えかな。'`,、('∀`) '`,、





お気に入りシーンは、強盗してた二人のなんちゃって広島弁と港署のミサイル通過シーン。
やりすぎだろ、あれ。
ナナさんのパーマが素敵ですた。



あと、そうだなぁ・・。
パソコンやら携帯の古さ、タカさんの「チョベリグ」発言に時代の流れを感じました。( ̄- ̄=)アァ…





とまぁ、そんな感じ!







posted by クボ at 20:31| Comment(2) | TrackBack(1) | あぶない刑事 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだまだあぶない刑事(2005)

これ、元は本館で掲載した記事なんですが、せっかくこっちで刑事モノ専用作ったんでコピペ。
(ぉーぃ
ここんとこ、こんなんばっかで申し訳ない。




ということで。


ようやく見に行けました。
映画まだまだあぶない刑事★ワーイε=ヾ(*・∀・)/
やべー、2人ともまじかっけーよぅ!!


あきらかにネタバレってのは反転かけてますが全く入ってないってこともない(公式サイトのストーリーくらいか、それ以上?)ので情報完全アウトの人はご勘弁を。


あぁ、どっから話そう。今回は長くなりそうだ。



私的ベストシーンはユージのイッツ・ショータイム前後のアクション。
ジャンプしながらバンバン銃を撃つユージといい、ハーレーに乗りながら颯爽と現れるタカさんといい、二人ともかっこよすぎ!O(≧∇≦)O
タカさんのハーレーに「どっから持ってきた?」とつっこむユージにも笑えた。


もちろんよかったのは二人だけじゃない。
トオルちゃんも『今回のMVP』やってもいいくらいいい味だしてました。
トロイ動物から賢い動物に進化できたしね。(ノД`)シクシク
まぁ、最後はやっぱりトロイ感じだったけどさ。
劇場でも彼のギャグ(?)のときはみんなクスクス笑ってました。
ナイスアドリブ♪

ギャグといえば、今回はやたらとおじさん・おばさんネタが多くて。(ユージの五十肩とか(笑)
そりゃ、みんないい年だもんなぁ。
でも、警官に追われて横浜走るシーン見る限り二人ともまだまだ若い。
さっすがー。特に恭兵さんはすごいです。
どんな五十歳だよ。


薫こと浅野温子さんも今回はすごかった。
なんと100%コスプレ。
まともな格好はポスターだけって・・・・・、
それでいいんですか、大女優の浅野さん?
(´Д`;)

なんか回が進むごとにどんどん壊れていってるような気が・・・。 



(以下ラストの感想。もろネタばれ↓なので反転してね。)

で、ラスト。
ガンマニアの彼は悪党顔だからいいとして(ぇ?)佐藤隆太が犯人なのは、彼のキャラ的になかなかなさげでちょっとびっくりしました。
原さんが犯人なのは、公式サイトのキャスト紹介のあたりで、わかっちゃってましたが。w
あとは、水川さん(新ヒロイン?)の登場で、続編やりやすくなったっぽいし、その点じゃ彼女の存在はでかいかな。
(浅野さんは綺麗だけどそろそろ年齢的にヒロインとしては苦し・・・・・ゴニョゴニョ)<失礼

タカ・ユージ・トオルの3人が核兵器押し付けあうシーンも好きです。
いつのまにトオル君も爆弾処理できるって設定になったのか疑問ですけど。

で、最後の最後。
「結局どーなったの、あの二人?!幽霊だったの?どーなの?」って感じで、よくわかんなかったんですが、パンフによるとちゃんと生きてるらしいんでご安心を。






とまぁ、そんなこんなで一人で楽しんできました。
劇場でアブ刑事見たのは初めてだったんで、感激しました。
この年代の子は少なくって、おっさん率高かろうが、うしろでカップルがいちゃいちゃしようが気にもせずに。<十分気にしてるし



でも、何が一番痛かったって、劇場パンフを透明な袋に入れられて、そのまま女の子が一人でラーメン屋に寄ったって事実ですかね。il||li _| ̄|○ il||l






posted by クボ at 10:47| Comment(1) | TrackBack(3) | あぶない刑事 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

あぶない刑事入門

この作品・・・まったく知らない人はそうそういないとは思うんですが、一応第一回ってことで作品紹介からいきます。

ストーリーは、ダンディー鷹山ことタカとセクシー大下ことユージの2人の刑事が横浜を舞台に、銃をガンガンぶっ放し、ばっさばっさと悪党をとっ捕まえる痛快捕り物帳・・・・・・・というとちょっと語弊があるか。

まぁ近からず、遠からずってとこで。(ぇ?





この作品ご存知のように歴史が長くてですね。以下説明してくと・・・
1986年(私の生まれた年だよ・・・)テレビシリーズとしてドラマがスタート。
ハードボイルドなのにコミカル、さらにアクション満載という当時あまりないタイプの刑事ドラマとして徐々に高視聴率を獲得。
その後、劇場版「あぶない刑事」、「またまたあぶない刑事」も大ヒットを記録し、テレビシリーズ2作目「もっとあぶない刑事」も作られました。
で、映画3作目となる「もっともあぶない刑事」で一応のピリオドをうったんだけど、7年後映画「あぶない刑事リターンズ」で復活。
そして98年にテレビスペシャルから劇場版に続く「あぶない刑事FOREVER」でシリーズついに終了


・・・・・・・のはずが 2005年、こうして再び帰ってきてくれたってわけですよ。
あとはご存知のとおり、「まだまだあぶない刑事」が現在公開中。


そんなとこです。



うーん、あとは・・・・登場人物の説明でもしますか。(プチ情報付で)


タカさん(舘ひろし):通称だんじり、もとい、ダンディー鷹山!
英語堪能。で、たまに英字新聞読んでたり。
発音は・・・・・まぁ、あえてつっこみませんよ。(w
つっぱしるユージの押さえ役・・・とみせつつ、人のこと言えないような行動に走る。
ヒロインのお相手担当。
バイクアクションならどーんと来い。



ユージ(柴田恭兵):通称セクシー大下!
他に弾丸大下(でしたっけ?)、港署のボギーなど呼び方多数。
パソコン・爆弾扱い担当。(?)
あとは女性が襲われた場合に犯人をおっかける役。
こうやって書くと、おいしいところはタカさんにもってかれてるよーな。(^^;
育ちは悪いらしく、その名残で特技は「鍵あけ」。
走りながらのアクションならどーんと来い。
設定では、鹿児島出身ぽいので同郷意識があったりなかったり。



カオル(浅野温子):新作では昇進して少年課課長になっちゃってました。
劇場版化されればされるほど私服がすごいことになっていく。。
捜査課の事件に首を突っ込みたがる役も役者もスーパーハイテンションな女性。
金と男に目がない、けど運もない。
コスプレならどーんと来い。


トオル(仲村トオル):通称トロイ動物。プリティ町田。(自称)
毎回毎回タカさんたちに女でつられてひどい目に・・。
新作では先輩たちをおさえて捜査課課長になってます。
でもやっぱりカシコイ動物にはなりきれないみたいで。
いじられ役ならどーんと来い。




とりあえず主要メンバーはこんな感じです。
さぁ、次回はリターンズの感想書くぞ!

posted by クボ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | あぶない刑事 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刑事・警察ブログ★〜取り扱い説明書〜

引越ししました〜★
はじめましての方もいるかもしれないんで、とりあえずご挨拶からいきます。




『まだまだあぶない刑事』のおかげで只今刑事・警察モノに再熱中。
どうせ見るなら感想も書いちゃえってことで、新ブログつくりました。

といってもあくまで本家はあっちなんで、ここは、まぁ、のんびりと続けていこうかなぁと。

とりあえず、いまんとこ予定してる作品は・・・・

あぶない刑事
はみ出し刑事
逮捕しちゃうぞ
機動警察パトレイバー
踊る大走査線


と、もしかしたら

西部警察なんかの古いのとか、相棒とか、わりと新しいの、米ドラマ(CSIとか好きだし)も扱うかもしれない。

そんな感じです。

映画なら映画の、ドラマ・アニメなら1話づつ感想書いていったり、キャラについて語ったり。

が、まぁ、莫大な話数なんで(どれも長い・・)最初はお気に入りの回をPick Upしていこうかと思っとります。



刑事・警察ものに興味ある方・ラブな方はたまにはこっちも見てやってくださいな。手(チョキ)












posted by クボ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事・警察ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。